Pocket
LINEで送る

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

ふぐ鍋、美味しいですよね♪でも‥

ふぐの内臓は危険?

愛知県のスーパータツヤ毒性のあるふぐの肝臓を販売してしまったことが話題になっていますね。

食べてしまったらと考えるとゾッとしますが‥

そこで気になったのが毒性のあるふぐの部位の見分け方

素人でも分かるのでしょうか?

毒部分の処分方法もチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ふぐの内臓は危険?肝臓を販売したスーパータツヤ

愛知県蒲郡市形原町にあるスーパータツヤで販売したふぐの切り身のパックの中に内臓が入っていたニュース、びっくりしましたよね。

気づいた購入者が

肝臓が入っている!

と保健所に連絡をしたことで発覚したんです。

ヨリトフグという種類のふぐの肝臓が含まれていたみたいですよ。

ヨリトフグってこんなふぐ!

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

釣り上げると水を飲んでぷくーって膨らんだ状態になることが多いみたいです。

あれ??

なんだか、風船みたいで可愛い♡

毒性はないとされていたヨリトフグですが、肝臓が有毒であることが分かっているんですよ。

こんなに可愛いのに、猛毒があるのかぁ。。。

人も魚も外見では分からないものですね(笑)

今回の件は、5パック既に売れてしまい4パックは回収。

なんと残りの1パックは購入者が食べてしまった事実が判明!

スーパータツヤの経営者の話によるとこれまで何十年と販売しているが一度も食中毒の被害報告はなかったみたいですね。

今までも肝臓を含んだまま販売していたのに被害がなかったの??

それとも今回誤って肝臓を入れてしまった?

どうやらスーパータツヤフグ処理師免許を所持している担当者がヨリトフグの肝臓が危険だとは思っていなかったことが原因らしいです。

ってことはずっとヨリトフグの肝臓を販売していた可能性が高いですね。

なんで今まで被害が出なかったんだろう。。。

ふぐによる食中毒の症状

毒性のふぐを食べてしまうと短時間で・・・

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

・舌や指の痺れ、頭痛、腹痛、嘔吐をする
・歩行困難になる
・ろれつが回らなくなり呼吸困難になる
・身体や指が動かなくなる
・食後5〜6時間で呼吸、心臓が停止する
命を落とす確率も2〜3%とかなり高いので、素人が釣って勝手に調理してはいけない理由も分かりますね。

怖すぎる。。。

スポンサーリンク

ふぐの毒性のある部位の見分け方(画像)

ふぐって青酸カリの1000倍以上の毒性があって、人間の体内に2mgくらい入っただけで命を落とす可能性が高くなるって言われているんです。

2mgって・・・

誤ってうっかり食べてしまったら、もう危険な状態!

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

今回販売してしまったヨリトフグの肝臓

トラフグと比べると毒性が低いと言われているんです。

ですが、厚生労働省が定めている食べても安全なふぐの部位には入っていないんですよ。

厚生労働省

食品衛生法で有毒の為、販売が禁止されている部位なんです。

もし誤って販売してしまうと・・・

懲役3年以下か300万円以下の罰金(法人1億円)になるらしいです。

わぉー!

リアルな金額を知ると危険度が伝わってくる!

ふぐは種類などで安全な部位、危険な部位が分けられているのですが、肝臓・卵巣、腸はかなり危険と言われているので画像も載せますね。

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

 ふぐは鍋や煮物に入れると美味しいので、寒い時期は売れますよね。

でも危険も大きいのでやっぱりスーパーで買うのはちょっと不安。

季節によっても無毒だった部位が有毒に変わったりと変化する可能性もあるので、あくまでも参考程度にしてください。

ふぐの毒性のある部位の処分方法

ふぐの毒性がある部位ってポイって簡単に処分することが出来ないんですよ。

生ごみとしてふぐの毒を捨ててしまって、もし悪用されたら・・・

想像しただけで怖いっ!!

金庫のように鍵が掛かる金属製の容器に入れて専門の業者が処理しなければならないんです。

ふぐの内臓は危険、毒性のある部位の見分け方、画像、処分方法

それだけふぐの毒が危険ってことですよね。

まとめ

ふぐが美味しい時期真っ最中!

愛知県蒲郡市形原町にあるスーパータツヤでふぐの切り身の中に肝臓を入れて販売してしまったことが話題になりました。

今回販売してしまった毒性のあるふぐの肝臓は、「ふぐ(鍋物・煮物用)」という商品名で販売していたみたいです。

他の店でも絶対に起こらないとは限らない話なのでふぐを購入する際は、しっかりチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る