Pocket
LINEで送る

高橋一生

高橋一生さんはドラマに映画に引っ張りだこの人気俳優です。

数多くのドラマに出ている演技派ですね。ドラマだけではなく映画や舞台でも活躍しています。

実家はお金持ちなのでしょうか?

気になる彼女や結婚などプライベートについても見ていきましょう!

スポンサーリンク

高橋一生プロフィール

名前:高橋一生(たかはしいっせい)

生年月日:1980年12月9日

身長:175cm

血液型:O型

事務所:舞プロモーション

高校:堀越高等学校

多くの芸能人、スポーツ選手が卒業している堀越に通っていたんですね!

高橋一生の子役時代

高橋一生さんの演技って評判がいいですよね。

実は子役時代があったこと知っていましたか?

高橋一生 子役

子供の頃の高橋一生さん、今よりちょっとふっくらされていたんですね!

デビューは10歳の時、1990年に公開された映画「ほしをつぐもの」で遠藤正平役として出演していたんです。

「ほしをつぐもの」はビートたけしさんが初めてプロデュースした作品だったんですよー!

さらに、高橋一生さんは子役時代に声優もされていたんです。

その作品は有名なジブリ映画「おもひでぽろぽろ」と「耳をすませば」の少年、天沢誠司役

高橋一生 耳をすませば

声優のプロのようにとても上手ですよね。

幼い頃から才能があったんでしょうか。

スポンサーリンク

高橋一生のドラマ

高橋一生さんを今では見ないことがないくらい毎回ドラマにも出ています。

存在感がなんとも独特で、不思議と惹きつけられますよね。

高橋一生さんは、今まで数え切れないくらいのドラマに出演していますが特に「いつ恋」!

2016年のドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、略称「いつ恋」ですね!

高橋一生

主演ではないにもかかわらず、存在感があって、とても絶賛されていました!

どんなドラマでもどんな役でもしっかり演じる高橋一生さんは、本当にすごいです。

視聴者が吸い込まれてしまう理由も納得ですね。

2017年に高橋一生さんが出演するドラマ・映画をご紹介します。

ドラマ

大河ドラマ「おんな城主直虎」(井伊家の家来 小野政次役)

カルテット(ヴィオラ奏者&美容師 家森論高役)

高橋一生 カルテット

高橋一生 カルテット

映画

3月のライオン(高校教師 林田高志先生役)

羽海野チカさんの漫画「3月のライオン」が実写化されるんです!

「ハチミツとクローバー」も描いた漫画家ですね。

高橋一生 林田高志

3月のライオン 高橋一生

高橋一生さんが完全に先生になりきっている演技、楽しみですね!

こちらは予告です!

3月のライオン 高橋一生

ここまできたら高橋一生さんなしではドラマや映画は成り立たなくなってきますねー!!

高橋一生のプライベート

それでは、高橋一生さんの実家や熱愛について見ていきましょう。

実家はお金持ち?

高橋一生さんの実家は東京都港区赤坂の一等地。

赤坂出身ってなんだか次元が違いますね。一度でいいから言ってみたい…笑。

高橋一生さんは5人兄弟の長男として育ったそうです。

赤坂に住宅を持つことが出来る家ってどれだけお金持ちなのでしょうか。

それとも、高橋一生さんが子役時代にガッツリ稼いでいたのでしょうか。

家族についてはあまり語られていないようですね。

彼女や結婚は?

まず、歴代彼女として今まで2名の女性の名前が出てきています。

尾野真千子

尾野真千子 高橋一生

一人目は尾野真千子さんですね。

名前をなくした女神」で2011年に共演したことをきっかけに交際開始。

二人で夫婦役もしていて本当の夫婦のようにとってもお似合いで応援していたのですが、尾野真千子さんのほっしゃん。こと星田英利さんとの不倫旅行にはびっくりしました。当然ですが、これで破局しましたね。

田中麗奈

田中麗奈 高橋一生

その後、女優の田中麗奈さんの名が出ましたね。

ドラマ「激流」の出演をきっかけに2013年に交際をし、半同棲生活を送っていました。

同い年でもあり、田中麗奈さんも子役から芸能活動をしていることもあってすぐに仲良くなったのかもしれないですね。

このまま結婚するのかな〜?と思うくらい仲良く見えていたのですが、田中麗奈さんが他の男性と結婚した時には驚きました。

最近は浮いた話を聞きませんね。

今は俳優業に集中してまだまだ活躍を見せてくれるんだと思います。

いつか幸せなご報告が楽しみですね♪

まとめ

高橋一生さんの子役時代から今に至るまでの活動やプライベートをご紹介しました。

抜群の演技力は子役時代に作られたんですね。

これからの演技も楽しみです。

そしてバラエティ番組にもたくさん出て頂いて、まだまだ知らない高橋一生さんをもっと知りたいですね。

さらなる活躍を期待しましょう!

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る